おもちゃ 乳児期のまとめ 幼児期のまとめ

子どもと遊ぼう~小麦粘土~

子どもと一緒に遊ぼう。ということで、今回はダイソーにて小麦粘土を購入し娘と遊んでみました。

粘土の良さ

感覚機能が育つ

創造性が豊かになる

思考力が身につく

情緒が安定する

子どもの成長にいい影響を与えられ、とてもおススメすべき遊びです。

小麦粘土を選ぶ理由

小麦粘土は万が一口に入れてしまっても、食品から出来ているから安心と言われているので選びました。

ですが、最近は小麦アレルギーのお子さんもいるので、その場合は米粉粘土がいいと思います。

ダイソーの小麦粘土はこれを購入しました。


型抜きもついていたので、このキットで十分に遊ぶことができました。

今回は牛乳パックの空箱を粘土板にして、空いた容器を1つ用意して娘に与えました。

実際に遊んでみて

しばらく感触遊びをし、伸ばしたりちぎったり丸めたりとなかなかの集中力でした。


型抜きもしたのですが、まだまだ指先を動かすのが難しかったようで助けが必要になる場面もありましたが、型抜きができる達成感を味わえたようで満足そうでした。


結局30分以上集中して遊んでましたが、小麦粘土は紙粘土や油粘土と違い、手が汚れにくので扱いやすかったです。

色が混ざってしまいますがこのようにラップをし冷蔵保存をすれば3日程度持つので2、3回は楽しめるかと思います。

まとめ

粘土遊びには子どもにとって楽しいだけでなく、とてもいい影響を与えられる知育遊びの一つです。

実際に遊んでみると後片付けも簡単で思いの外、気軽に遊べるものでした。
子どももなかなか集中して遊ぶおもちゃなので、雨の日やおうち時間が長い時期にはオススメなアイテムです。

ナースママ

-おもちゃ, 乳児期のまとめ, 幼児期のまとめ

Copyright© 小児科ナースの子育てブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.