乳児期のまとめ 幼児期のまとめ 新生児期のまとめ

夏、子どもの皮膚トラブルおうちでできること

夏は皮膚トラブルが多い時期!?

少しずつ気温が高くなり子どもが汗ばみやすい季節へ突入しました。

皮膚が大人より弱い子どもは新陳代謝も良く皮膚トラブルを起こしやすいです。

今回は暑い時期に伴いやすい,あせも・皮膚かぶれ・おむつかぶれについて紹介できればと思います。

あせも

汗をたくさんかいたり皮膚に汚れがついたりして汗腺と呼ばれる汗を出す管が詰まります。

すると、汗が出にくくなり赤いブツブツとした発疹がおこります。その発疹が炎症している状態をあせもといいます。

汗のかきやすい部位

髪の生え際

わきの下

ひじ

ひざ裏

背中

おしり     など

汗のかきやすいところから赤くかゆい発疹ができ、掻きつづけてしまうと、傷ができ細菌が入って化膿してしまうことがあるので注意が必要です。

あせもケア・予防

風通しをよくする

服がぬれている場合は着替える

汗をかいたときは、拭いたり水で洗い清潔にする

ぬるめのお風呂に入り、しっかり体を拭きます

爪は短く切る

皮膚かぶれ

植物や虫、砂、薬、汗など、刺激のある物質に触れることで皮膚トラブルが起こります。原因には二種類あり、アレルギー性と刺激性があります。

皮膚かぶれケア・予防

かぶれを起こしそうな場所や物に近寄らないようにする

水で洗い流してかゆみ止めを塗る

かゆみが強いときは冷やす

何でかぶれたか病院での診察を受ける

おむつかぶれ

おむつをし続けていると、汗やムレ・カビなどの要素が絡み合い、皮膚がふやけて傷つき炎症を起こします。

おむつを当てている部分が赤くなり、ブツブツができたり皮膚が剥け痛みを伴います。

おむつかぶれケア・予防

こまめにオムツを取り替える。

おしりを綺麗に拭き、乾燥させる

通気性の良いおむつにする

天気の良い日はおむつを外し日光浴をする

布おむつの洗濯は柔軟剤や漂白剤を避けてしっかり日光に当てて乾かす

お薬を塗ったりケアをしても改善しないときはカンジタ皮膚炎を併発していることがあるので受診をすることをお勧めします。

共通するおうちケアのポイント

肌を清潔に保つこと

発疹がある場所は強くこすったりしない

かゆみが強い場合は冷やす

湿潤環境を作らない

おうちケアで改善しない場合は皮膚科を受診することをお勧めします。

まとめ

子どもは皮膚が弱くトラブルを起こしやすいです。

夏の皮膚トラブルを防ぐには汗が出やすい場所を清潔にしていることが重要です。

場所を理解しこまめに拭くことでトラブルは防げます。またお薬を良くなるまで塗り続けることがとても重要です。

予防ケアをしながら夏の子どもの肌を守っていきましょう。

ナースママ

 

-乳児期のまとめ, 幼児期のまとめ, 新生児期のまとめ

Copyright© 小児科ナースの子育てブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.